真面目で仕事熱心な人が多いベトナムへ進出する企業は増えるでしょう

サイトマップ

地球と男性

日本企業が進出し始めたベトナムについて

近年、成長著しいベトナムへ進出する日本企業が増えいています。ベトナムは人件費も安く、海運業的に立地条件がよいので注目されているようです。だた、大手スーパーやコンビニなどが店舗を出しているのが第二の都市・ホーチミンのほうで、首都ハノイにはあまり進出していなかったようです。
元々、ベトナムは南北で違う国でした。社会主義の北ベトナムの首都ハノイは、市民が堅実であまり購買意欲がないらしく、なかなか企業が店舗を出すに至らなかったようです。逆に南ベトナムの首都だったホーチミンは元々資本主義ですから、豪快にお金を使う人が多く、進出しやすい地盤ができていたということです。ここ数年で、ハノイも変わってきたため、店舗を出す日本企業も増えているということです。
また、IT企業や生産工場など、中国やタイへ進出していた企業もベトナムに注目しているようです。知り合いがパソコンの調子が悪くサポートセンターへ電話をした時のオペレーターが日本語を話すのですが、どうも違和感があって、どこで電話を取っているのか調べたらベトナムだったそうです。
ベトナム人は日本に近いところがあり、勤勉で、真面目、仕事熱心です。日本では人材不足が懸念されています。日本企業が地元の人を使いやすいという点でも今後、さらにベトナムへ進出する企業は増えるのではないでしょうか。

日系企業がベトナムに進出する理由

ベトナムでは日系企業の進出が後を絶たず、今後も進出してくる企業は多いと予想されています。なぜこれほどベトナムは魅力的なのか。簡単に説明します。
まずは、低コストという面です。ベトナム人の平均月収は3万円程度です。10人雇っても1カ月30万円です。ですので、部品をベトナムに輸入し、組み立てをベトナムでやって製品を日本や各国に輸出する企業が多いです。
また、立地も重要視されています。広く海に接して、輸送もしやすいのと、人件費が高騰している中国から撤退する企業は隣の国ベトナムなら人件費が安い!と考えて、中国から来る日系企業も多いです。
また、ベトナムはTPP加入がほぼ決まっています。アメリカの情勢で少し様子見していますが、アメリカがGOサインを出せばベトナムも必ずTPPに加入します。そうすれば関税などを気にせず自由に物の輸送が可能です。
そしてやはりベトナム国内の経済成長も重要です。10年前では考えられないほど都市部は発展をしていて、国民の平均年齢27歳という驚異的な若い国なので、これからどんどん経済は発展していきます。そこで、その前にベトナム内需向けに工場や会社を進出させる企業も多くなってきました。
以上の点から、今後ますますベトナムは日本でも世界でも注目されていくはずです。

ベトナム進出によるメリットについて

日本企業がどんどん海外に進出しているのです。その理由は生産拠点をそこに作りたい、ということとそこの市場が欲しい、ということがあります。では、細かい理由はなんなのかとなりますが、まず生産拠点として利用するのは人件費が安いからです。
人件費が安い、というのはとても大きなメリットでしょう。それこそがやはりベトナムの良いところになっています。かつて、世界の工場と呼ばれていた中国もかなり経済発展が続いてきて、人件費が高くなっています。ですから、当然の理として今はベトナムに流れています。フィリピンなども人気があるでしょう。日本企業がベトナムに進出するのはそれが理由になっています。また、ベトナム自体も経済力が強くなりつつあり、そこの市場が活発化しているのです。そうした意味ではとてもお勧め出来る進出先であるといえるでしょう。
そこの市場のみを狙う、ということが今現在は難しくなっています。何故かといいますとそれはなんといっても反発を受けるからです。そこで少なからず生産をしていて、当地の経済に貢献していることが条件になっていることがあります。ベトナムもその例に漏れることはありませんから、キチンと当地で生産活動をしてベトナム市場を狙っているのです。

注目コンテンツ

  • 新入社員たち

    2016年10月14日

    ベトナム人材市場のトレンドについて

    例えばインドなどではIT関係の人材がとても豊富になっています。いくつかの言語が話されているわけですが公用語が英語てもありますから、そうしたこともあり、IT関係の人材を得る市場としてインドの人材市場は極めて優秀である…

  • キャリアウーマン

    2016年10月14日

    現在のベトナム人採用事情

    現在、ベトナムでは日系企業の進出が多く、また一部の小学校では日本語教育が開始され、ますます注目を浴びるベトナム。今回は、ベトナムで事業を立ち上げる上で欠かせない、ベトナム人のスタッフの採用事情をお伝えいたします。…