真面目で仕事熱心な人が多いベトナムへ進出する企業は増えるでしょう

サイトマップ

地球と男性

ベトナム人材市場のトレンドについて

新入社員たち

例えばインドなどではIT関係の人材がとても豊富になっています。いくつかの言語が話されているわけですが公用語が英語てもありますから、そうしたこともあり、IT関係の人材を得る市場としてインドの人材市場は極めて優秀であるとされています。
そして、最近、ベトナムが今度は注目されています。これは特殊技能、というわけではないのですが純粋に向上を進出させる国として非常に良いことになっているからです。人件費が安い、というのも一つの人材市場のトレンドであるといえるでしょう。かつては中国がそうであったのですが、それでも今ではベトナムなどに取って代わられています。
今、ベトナムの人材市場が熱いのは、安価な労働力の割りに教育がしっかりとしている人が手に入るからです。製造というのは今ではかなりオートメーション化されていますが、それでも尚、手でやらないといけないこともあるのです。
細かい作業は特にそうです。そうした意味でベトナムによ進出をして、人件費を抑えつつ、製造を行おうとしている日本企業が多くなっているのは確かです。既に各種セミナーが開かれて法務、労働規制、関税に関することなどの専門的なアドバイスをしてくれる業者も多くなっているほどです。

注目コンテンツ

  • 新入社員たち

    2016年10月14日

    ベトナム人材市場のトレンドについて

    例えばインドなどではIT関係の人材がとても豊富になっています。いくつかの言語が話されているわけですが公用語が英語てもありますから、そうしたこともあり、IT関係の人材を得る市場としてインドの人材市場は極めて優秀である…

  • キャリアウーマン

    2016年10月14日

    現在のベトナム人採用事情

    現在、ベトナムでは日系企業の進出が多く、また一部の小学校では日本語教育が開始され、ますます注目を浴びるベトナム。今回は、ベトナムで事業を立ち上げる上で欠かせない、ベトナム人のスタッフの採用事情をお伝えいたします。…